コンドームをつけない彼をなんとかしたい!

コンドームをつけない彼をなんとかしたい!

シェアする

今はまだ子供を授かるタイミングじゃないという時に、彼がコンドームをつけるのを嫌がることで悩んでいる女性は意外に少なくないのではないでしょうか。

コンドームがあまり好きではない男性はとても多いです。多いというより、男性はほぼコンドームなしのエッチの方が好きなのは確かです。

それでも男性たちは、お互いの人生設計の為につけることを選択しています。

でも、時には大好きな彼女とのエッチに興奮しすぎて、理性が吹っ飛んでしまったり、子供が欲しいと思っていてコンドームをつけたくないということもあります。

こういう場合は、女性も自分の体と生活を守る意識が必要です。

とりあえず話し合いをしましょう

コンドームをつけなければならないような状況下で、彼氏がつけない時には、エッチをさせてはいけません。ムードに流されないように心を強く持ってください。

そういった時には、男性を責めるのではなく、どうしてコンドームが必要なのか端的に男性に伝えてください。

例えば、男性の方が子供を望んでいても、女性側が子供はまだ早いと思っているのなら「まだ2人きりの時間を楽しみたいから」と可愛く言ってみたり、またもし子供ができたら困るような状況下なら、自分だけではなく男性側も守りたいことを伝えればいいでしょう。

それでもつけてくれないという男性は、多くはありません。

「だったらピルを飲んで欲しい」とかいうような男性なら、お付き合い自体を考えた方がいいかもしれませんよ。

それでもコンドームを嫌がる彼には・・・

話し合いの結果、なんとか納得してくれたけど、なんだか嫌々やっている感じが読み取れる場合は、コンドーム自体をエッチを盛り上げる小道具の1つとして扱ってみるのはどうでしょうか?

コンドームには色々な種類があります。なんだかあったかい感じがするものですとか、つぶつぶ加工がされているものなど、女性側が気持ち良くなるための工夫がされていたりするのです。

そういったコンドームを彼氏と一緒にワイワイ選んだら、彼氏も楽しんでくれるでしょう。

それを使ってみて、あなたが喜ぶのが重要です。大事な彼女が喜んでいるのを見て、もっと喜ばせたいと思わない男性はいません。

また、つぶつぶ加工からさらに発展して、女性の感度がよくなるという設計がされているものもあります。

通常のものよりもちょっと値段がしますが、そういうものを使ってみると男性にもコンドームを使うことを楽しんでもらえるのではないでしょうか。

ここでのコツは、女性自身がそのコンドームを使って楽しかった、気持ちよかったというのを、男性にちゃんと表現することです。

あなたが彼につけてあげる

さまざまなコンドームを使うということに平行して、あなたがコンドームをつけてあげるというのも、彼が喜ぶならいいかもしれません。

彼と一緒にその時間を楽しむことが大事です。

基本的には、手でつけてあげるようにしてください。彼氏に手を添えてもらって、一緒につけるのもいいでしょう。

口でつけてあげるというのも、定番かもしれません。ただ、口でつけるときには、歯で傷つけてしまうかもしれないという可能性がありますから、あまりおすすめはできません。

どうしてもコンドームを嫌がる彼には、最初のうちは口でつけてあげるというのが有効かもしれません。お口でしてあげるついでに、一気にコンドームを被せてしまうのも手です。

口でつけることに関しては、あまり毎回毎回するのはおすすめできませんから、最初のうちだけしてあげて、彼にコンドームに慣れてもらいましょう。