コンドームのサイズってどうやって選ぶの?

コンドームのサイズってどうやって選ぶの?

シェアする

国内で販売されているコンドームには、いくつかサイズがあります。

一昔前は、このサイズについてはあまり広く知られていなかったのですが、ここ最近はバリュエーションも出てきていますよね。

コンドームをつけてみたとき、小さく感じたり、逆に自分には大きく感じたりということもあるでしょう。そういった場合は、違うサイズに変えてみるとしっくりいったりします。

では、コンドームのサイズはどうやって選べば良いのでしょうか?サイズのバリエーションや選び方について紹介します。

サイズはS~XLの4パターン

現在販売されているコンドームのサイズは、S、M、L、XLと4種類あります。

詳細なサイズは下記のとおりとなっています。

  • S:直径31~34mm
  • M:直径33~36mm
  • L:直径37~38mm
  • XL:直径44~46mm

そのうち、Mサイズについては表記がありません。メーカーにより若干違うのですが、どのメーカーでも、このMが基準のサイズとなります。

そして、日本人の場合、このMサイズがぴったりという方がほとんどのはずです。

次によく見かけるのは、Lサイズでしょうか。残念ながらコンドームに特殊加工などを求める場合には、Mサイズ以外ではなかなか見つからないのですが、Lであれば、まだ他のサイズに比べるとまだバリュエーションがあります。

ただし前述のとおりコンドームのサイズはメーカーにより若干異なりますから、Lでもまだちょっときつい・・・ということもあるでしょう。

SとXLについては、種類はあまり豊富だとは言えません。特にXLは、日本人では稀なサイズとなるでしょう。Sの方の場合でも、Mサイズがぶかぶかというわけでなければ、Mを購入する方が多いでしょうから、やはり種類は限られています。

まずは一般的なMサイズを選びましょう

コンドームを使用するのが初めてという場合は、まずは通常サイズのM(または、表記なし)のものを購入しておきましょう。ほとんどの方は、これで大丈夫なはずです。

上に書いた詳細なサイズよりもペニスが大きかったとしても、コンドームは伸縮性がありますから、それほど問題ありません。

ただ、挿入中にコンドームが外れてしまう方、または外れそうな感じがする方、コンドームがキツすぎてエッチに集中できないという場合は、サイズを変更した方がいいです。

コンドームが外れやすい方はSを、きついと感じる方はLを試してみましょう。

それでフィットして、外れることもないということでしたら、そのサイズで問題ないでしょう。

また、メーカーによりサイズが若干違いますので、同じMでもメーカーやブランドを変えていくつか試してみるのもいいかもしれません。

サイズを測ってから選ぶのもあり

最初から自分のペニスの直径を確認してから、サイズを決めるということも可能です。

上記のサイズに関しては、直径となっています。

もちろん、勃起したときにものさしなどで大体の直径をはかるということもできますが、日本人のペニスって亀頭が大きい方が多いんですよね。ですから、亀頭部分の直径はペニスの直径とはなりません

ものさしではなくメジャーがあれば、まずは勃起時のペニスの太さを測ってください。それが10cmだったとしたら、その10cmを円周率の3.14で割れば、直径がでます。

ペニスの太さが10cmの方であれば、それを3.14で割ると、およそ3.2、単位はcmなので、mmにすると32mmということになります。10cmの方だと、通常サイズは緩いかもしれません。

あってないサイズを使い続けるのは良くない

サイズの合ったコンドームをつけるということは、非常に重要です。何故なら、コンドームが大きすぎると外れてしまいますし、きつすぎると痛みを感じます。

通常サイズで何も感じない大多数の方については心配はいりませんが、サイズについて不安がある方は、違うものに変えてみたり、上記のサイズの測り方を参考に、サイズを変えてみてください。