ローションとコンドームを一緒に使うと破れちゃうかも!

ローションとコンドームを一緒に使うと破れちゃうかも!

シェアする

エッチのときに、ローションを使ったことはあるでしょうか?

女性の体は精神的な部分や、体のバイオリズムに左右されるものですから、今日はちょっと濡れにくい・・・という日もあります。

そんな時にローションは強い味方ですし、そうではなくてもローションを使って彼女といつもとはちょっと変わったエッチ!というのも、楽しいですよね。

でも、ローションと一緒にコンドームを使う時は注意が必要です。

ローションと一緒に使うとコンドームが破れる危険があります

何気なく使っているかもしれませんが、コンドームを使用する時にはリスクがあります。

ラブホテルなんかに行くと、普通に置いてあったりしますから、危険だなんて思ったことがないかもしれません。

ですが、ローションを使うとコンドームが破けてしまう危険性があるのです。

それは、成分が原因となっています。多くのローションは、油性です。そして、油性のものというのは、コンドームとは相性が悪く、劣化してしまい、使用中に破けてしまうことがあります。

これはローションに限らず、油性のものであれば何にでも言えることです。

食用油をエッチの時に使用する方はいらっしゃらないでしょうけれど、そういった油もそうですし、ベビーオイルや油性の化粧品などは、すべてコンドームを劣化させる原因となってしまいます。

ですから、避妊を目的としてコンドームを使用する際には、ローションの使用には気をつけなければなりません。

挿入前の前戯として、体に塗って使用した場合にも、ちゃんと洗い流さなければなりません。

また、女性の膣内にローションを使用した場合には、コンドームを使うのは難しいかもしれません。

濡れにくい時は・・・ローションたっぷりコンドーム

そうは言っても、女性が濡れにくいときには、女性の体を傷つけたり痛めてしまいますよね。

濡れにくい理由が、エッチがしたくない・・・という場合であれば、その日は我慢するほかありませんが、そうではなくて、単に濡れづらいという場合もあるでしょう。

そんな場合は、コンドームにローションがたっぷりついているものなんかはどうでしょうか。

たくさんの種類のコンドームがあるので、探してみると、女性に負担をかけないようにと通常よりも潤滑剤が多く使用してあるものも販売されています。

こういったものを使えば、女性が濡れづらい時にでも、女性の体を傷つけることなくエッチを楽しめると思います。

こういったローションがたっぷりと塗ってあるコンドームを使ったとしても、女性が濡れにくい時には、あまり激しいエッチは控えましょう。(もちろん、女性がそれを望む場合は別ですが・・・)

それでも使いたいなら水溶性を

「油性のものはコンドームを劣化させる」ということは、油性ではなく水性のものであれば、劣化させることはありません。

そして、コンドーム自体にローションが塗ってあるものがあるということは、水性のものも存在しているということです。

なので、この水性のローションであれば併用は可能です。

ただし、水性か油性かをラベルなどで確実に見分けられる場合でしか、おすすめはできません。

コンドームを使う時はローションの扱いに要注意

エッチを盛り上げるグッズとして使用する場合にでも、女性の体をいたわる為に使用する場合にでも、基本的にコンドームとローションの併用は避けましょう

もし、使う場合はコンドームの使用前に確実に洗い流したり、はじめから水溶性のローションを使うなど注意が必要です。

ちゃんとした避妊効果を得るためにも、ちょっとて手間ですが覚えておいてください。